トナー

見た目やカラーに工夫を

封筒

開けたいと思えるものを

何の変哲もない茶封筒が家に届いて、そこによく知らない会社名が記載されているのなら、不審に感じてしまう方もいるはずです。そのため、お客様に伝えたいことがあって、それに封筒を活用しようと思うのなら、見た目や色合いで開けてみたいと感じられるデザインの利用が良いでしょう。実際、現在ではたくさんの会社がオリジナルティあふれる封筒を利用しているため、ポストを見ればすぐに確認できるはずです。それらには色々な工夫がされていますので、自分たちの宣伝に役立てたいなら是非ともチェックしてみましょう。なお、封筒は大きさの規格さえきちんと守れば、自作してしまっても大丈夫なので、オリジナルティを必要とする方にはピッタリの方法です。しかし、わざわざ用紙を切り貼りして作成するのは、ビジネスとして非効率すぎますので、業者に頼んで代わりに作ってもらうのをお勧めします。それぞれの業者にはオリジナルデザインの封筒が用意されているため、注目を集めるためにも活用しましょう。もしも、封筒の作成を頼みたいなら、まずは入れる予定の内容物のサイズの確認が必要になります。それによって、利用できるデザインの可否が決まりますので、しっかりと把握しておきましょう。そして、内容物の大きさが分かったのなら、次は注文サイトに記載されているデザインの中から好みのものを選ぶだけです。もちろん、選定した封筒に、用意したオリジナルデータを印刷してもらえるので、必要ならば、そちらもセットで注文することを推奨します。

シール

目立つための工夫が重要

名前シールは自前でも印刷できますが、目的を考えて意義を見出そうとすると業者に発注する魅力が生じます。ラベルとして目立つようにして自己の宣伝や販促などに活用しようと考えると、業者によるデザインが重要になるのです。

ポリ袋

使用しやすさと価格の安さ

OPP袋の印刷をするとパッケージにも封筒代わりにも使用でき、オリジナルのものにすると宣伝効果も付与できます。単価が安くて通信費などの削減にも有用であり、広く使用できるので大量発注して在庫を抱えるのが基本です。

名刺

業者に発注するまでの流れ

業者に名刺の印刷を発注するときにはまずデザインを作成しましょう。自分で一から作る以外にもテンプレートを利用することも、デザイナーに相談して作ることもできます。完成したらデータを送信して印刷枚数などの詳細を指定すれば届けてもらうことが可能です。